無料で立ち読み・試し読み@電子コミック・まんが・書籍ガイド

電子書籍について

先日新聞でも発表されましたが、amazonなどのネット書店のシェア拡大により、地方の個人書店は
どんどん閉店に追い込まれており、書店ゼロの地域も全国に広がっているそうです。
これは、日本人があまり本を読まなくなったと言うのも理由かとは思いますが、消費者の志向だけではなく
流通などの取り巻く環境が大きく変換しているのも大きな理由だと思います。

また、ネット書店のシェア拡大だけではなく、電子機器やPCなどによる閲覧方法の変化により
書籍自体の存在がバーチャルへと移行していることもあり、本の流通自体がなくなり
本もレコードやCDと同じような運命をたどるかもしれませんね…
そうなるとシェア拡大中のネット書店さえも、流通方法の転換を考えるしかありませんね?
amazonが電子書籍リーダーのkindleを発売しているのも、それが大きな理由かと思います。

最近はPCだけではなく、スマホで電子コミック・書籍を読む人が急増中だと聞きます。
ソニーやアマゾンの電子書籍リーダーの普及を始め、各電子書店が無料で配布している閲覧ソフト、
各スマホに対応した閲覧ファイル形式やビューアにより、簡単に操作して読む事が可能になっています。

では、電子書籍のメリット・デメリットとは何でしょう?少し考えてみました。

電子書籍のメリット

電子書籍のデメリット

コミックシーモア

漫画・電子書籍なら国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」

豊富な無料立読みに加え、1巻まるごと無料のマンガも多数!
人気のコミックから小説・ラノベまで充実の品揃えで新刊も続々入荷☆
無料で読める書籍が5000冊以上あります!

スマホでコミック

お勧めの電子書店について

お勧めの電子書店を比較ご紹介しています。

 

電子貸本Renta

パピレス運営の国内最大級の電子書籍サイト

他社と異なるレンタル形式での販売スタイル
48時間・無期限のどちらかのレンタル期間選択可
充実したコミック・小説のほか雑誌・グラビアもあり
専用アプリや作品データなどのダウンロード不要
全ての作品が無料のサンプル付き
支払方法:ケータイ決済(docomo、au、softbank)、クレジットカード、Mobile Edy、モバイルSuica対応
対応端末:PC、iPad、iPhone、iPod touch、最新のAndroid端末にも対応

電子貸本Renta

 

eBookJapan

マンガ保有は世界最大級60,000冊以上

全巻セットの販売やポイントアップキャンペーン
出版社とのコラボ企画等の特集が充実
漫画好きであれば一度はチェックする価値アリ
専用ブックリーダー(無料)のダウンロードが必要
全ての電子書籍に無料の「立ち読み版」あり
支払方法:クレジットカード、楽天銀行、楽天Edy、ちょコムeマネー、BitCash決済等対応
対応端末:PC(Windows、Macintosh)、iPad、Android、iPhone、iPod touch、Windows phone

eBookJapan

BOOK☆WALKER

KADOKAWAグループが運営する電子書籍サービス【BOOK☆WALKER】

コミック、ライトノベル、小説、実用書から週刊誌・月刊誌・ビジネス誌・マンガ誌などの雑誌まで、約60万点の電子書籍を販売中。
Android、iPhoneアプリ、PC、タブレットなど、様々な端末で利用可能!
KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめ、様々な出版社の電子書籍を配信中!
一度購入した電子書籍はいつでも無料で再ダウ ンロード可能

BOOK☆WALKER

 

honto

オンライン書店ビーケーワンと電子書店hontoが統合したハイブリッド総合書店【honto】
電子書籍だけではなく本の配送も対応
文芸、コミック、雑誌など幅広いラインナップ
専用ビューア又はアプリのダウンロードが必要
全ての電子書籍に無料の「立ち読み版」あり
支払方法:spモード決済、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
対応端末:PC(Windows、Macintosh)、iPod touch、Android(スマートフォン、タブレット)、iPhone、iPad

eBookJapan